初めての音楽。初めて買ったCDはなんですか?私はBUCK-TICKでした #fmusic

Twitterを見ていたらタイムラインに面白そうな企画が流れてきたので参加してみようと思います。ツイートの発言主は、ミニマリストブロガーのていないさんです。自分の聞いた初めての音楽や初めて買ったCDについてブログを書いてみよう!という企画です。 というハッシュタグでツイートすれば良いようです。

もっと早くブログを書いてアップしたかったのですが、かなり日が経ってしまい記事の下書きをしている段階で1週間が過ぎてしまいました。いまブログアップしてもちょっと遅いかなと思いましたが、せっかくですのできちんとブログを書き終えてアップしたいと思います。

私と音楽との出会い

音楽との出会い。自分はアラフォー世代ですので、今みたいにスマホやゲームなんてものは世の中に蔓延っておらず、娯楽というのも限られていました。田舎町で暮らしていたのでなおさらです。そんな中で家にはカラオケ用のステレオが置いてありました。ですのでこの当時の一般的な家庭よりは音楽に触れる機会がより多かったと思います。週末になると自宅やご近所さんの家でカラオケ大会をするという環境が、幼稚園〜小学校卒業くらいまで続きました。

初めて触れた音楽となるとほとんど記憶がありません。幼稚園期は童謡などを聞いていたと記憶しています。あとあと家の中で童謡のレコードを発見しました。その後の小学生時代は、ご近所さんとのカラオケで歌われていたのは演歌や歌謡曲、テレビ番組の歌のトップテンやベストテン、夜のヒットスタジオといった歌番組から流れてくる歌謡曲やアイドルソングといったところでしょうか。

中学生にナルトクラス内では光GENJIや男闘呼組、おニャン子クラブ、聖子明菜、チェッカーズなどが流行っていた記憶があるます。ちなみに明菜派でした。少年隊やチェッカーズも好きでした。

そして中学三年生。この頃になると一部の大人びた子たちがロックなどを聴き始めてドヤ顔し始めてきます。BOOWYやCOMPLEX、ブルーハーツ、ジュンスカ、ユニコーンなどが一部で盛り上がってました。ただロック系の音楽はテレビではあまり取り上げれないし、音楽雑誌というごくごく限られた一部からの情報源となってしまいます。

自分はというと親しくしていた友達の3つ上のお姉ちゃんの影響が多大に出てきました。中学生の時期の3歳の年齢の違いは、その年齢以上にかなり大人のように感じます。友達の家に行ってこんな音楽があるよとお姉ちゃんの部屋から雑誌やレコード、カセット、CDなどの音源を見せてもらい、見たことのない世界にとてもワクワクしたことを覚えています。

当時のクラスメートも知らないアーティストたちを教えてもらって、ちょっとした優越感を持ってみたり(笑) この時に教えてもらったものはZIGGY、Red Warriors、Street Sliders、SIONなどなど。主に金髪不良系のバッドボーイズロックが中心。そんな中になぜかBUCK-TICKのSEVENTH HEVENがあったのです。

1988年に発売されたBUCK-TICKのセカンドアルバム「SEVENTH HEAVEN」なんですが、いろんな意味で衝撃を受けました。金髪で髪立ててて美男子系、そしてシャウトなロックソングではなくて、覚えやすいメロディのポップロック!このギャップにやられちゃった訳です。このアルバムを借りてダビングして、カセットが擦り切れるほど聴きました。BOOWYに代表されるビートロック系の音に、ポップなメロディをのせた彼らの音楽が非常に耳障りがよく、自分に馴染みかなり聴き込んでいました。今でも口ずさんでしまうほどです。

初めて買ったCDはBUCK-TICKの1stアルバムでした!

そんなこんなで当時はまだ中学生。お金もないので友達のお姉ちゃんにCDを借りたり、近所にオープンしたレンタルショップでいろんなCDを少しずつ借りて聴きました。レンタルしたCDの歌詞カードは父親がコピーしてくれてきちんと製本してくれた思い出。でもやっぱりBUCK-TICKを超える衝撃がなくて、ついにCDショップでBUCK-TICKの1stアルバム「SEXUAL×××××!」を購入した訳です。

このアルバムは1987年発売のもの。非常にポップな楽曲ばかりなアルバムで「MY EYES & YOUR EYES」は最近も演奏されていたりしますし、去年は「ILLUSION」が演奏され、ファンはまさかこの曲が!!と思ったはずです。

BUCK-TICKは昨年メジャーデビュー30周年を迎えました。そんなベテランバンドになった今でも昔の曲を封印せずに、ツアー毎にところどころに挟んで演奏してくれています。昔の曲を封印してしまうバンドも多い中、定期的にいろいろな曲を思い出したようにやってくれてます。自分の根本にある曲をライブで感じることができて感慨深いものです。

BUCK-TICKとはどんなバンド?

これは非常に難しい質問です。ジャンルは?というと。BUCK-TICKが世に出た当時にはなかったVisual系というのが一番当てはまると思います。

ヴィジュアル系は、日本のロックバンド及びミュージシャンの様式の一つ。特定の音楽ジャンルではなく、化粧やファッション等の視覚表現により世界観や様式美を構築するものである。(Wikipediaより)

音楽的には一つのこれと言った型にはまらずに、常にいろいろなものを取り入れて、30年経ったいまでも進化・深化しています。

先に挙げた1st(1987)、2nd(1988)アルバムでは非常にポップなアルバムなのですが1989年に発売の「TABOO」ではなんだこれは!って感じのゴスサウンドに変化して1曲目の「ICONOCLASM」完膚なきまで打ちのめされました。スンゲェかっこいい。言葉では上手く言えない。いまでもライブの定番曲になっています。

その後もさまざまなジャンルを上手く取り入れていっては昇華していって、一つのBUCK-TICKという音楽ジャンルになっています。トリビュートCDも2回発売されているなど、彼らを慕っているミュージシャンも多いです。

BUCK-TICKで驚いた局面というか時期は1988年の3rdアルバムでポップ路線からダーク路線への転向。このダーク路線の一種の到達点が6thアルバム「狂った太陽(1991)」とセルフカバーアルバム「殺シノ調ベ(1992)」です。非常に完成度の高いアルバムで、いま聴いても全然古くないと思います。

次にレコード会社を移籍しての10thアルバム「SEXY STREAM LINER(1997)」は打ち込み系を取り込んだ意欲的なもので、正直にいうとここで一瞬だけ離れてしまいました,,, いま聴くと全然ありなんですけど、当時はこんなのBUCK-TICKじゃない!と勝手に思ってしまった。音楽を作り出すのはバンドだし彼らは彼らでしかないのに、勝手に自分の理想をバンド側に押し付けてました。

そして次は転換期?は14thアルバム「十三階は月光(2005)」です。前作が結構攻撃的なアルバムだったのですが、このアルバムでダーク&ゴシックサウンドに再び戻ってきて、しかもそれが完成度がすごく高くて素晴らしいです。曲も素晴らしいし、曲順もハマってるわで、文句のつけようのない完成度のアルバム。

説明が下手で上手く言語化できていなくて申し訳ないですけど、BUCK-TICKの音楽性はいろいろなジャンルを取り込んだなんでもありのバンドサウンドです。安定したリズム隊とサイドギターに飛び道具らリードギターそして、50歳を過ぎてなお美貌な猫好き魔王系ボーカリストの5人組バンドです。

リードギターのサウスポーギタリストの今井さんが8割強の曲を作っていますが、王道的なポップソングはもちろんありますが、音楽理論では説明できない変な曲が多数あります。打ち込みだったりテルミンだったり、時には自分で歌ったり、テクニックバリバリはではなくてセンスで生きる感覚派の左利きなので余計に予想できません(笑)

対してサイドギターの星野さんの作る曲は安定感があり安心できます。バラードに非常に定評があります。彼の作ったドレスは2005年にトリニティ・ブラッドというアニメのOP曲になったこともあるのでひょっとしたら耳にしたことがある方もいるかもしれません。

そんなこんなでBUCK-TICKとはどんなバンド?と書いてみたが説明になっているのでしょうか,,,,

BUCK-TICKのヒット曲は?

最後にBUCK-TICKのヒット曲を挙げてみます。世間的に認知されたのは、多分ビクターのCDianというCDラジカセのタイアップに使われたことかな。TV CMもやりましたし、パンフレットもありました。

このCMはかなりインパクトがあったと思います。当時、家電屋にパンフレットも貰いに行って写真の部分を切り取って下敷きに挟んでました(笑)

曲はというと1988年に発売の「JUST ONE MORE KISS」でレコード大賞の新人賞を取りました。代表曲は?と言われるとオリコンチャートで1位を獲得した「惡の華(1990)」でしょうか。良い曲はたくさんあるのですが、代表曲は?と言われるとセールス的にはこの2曲かなという気がします。

Youtube動画から紹介したいのですが、ほとんどが不正アップものなので公式アップ動画が少ないです。

2012年発売の32thシングル 「MISS TAKE~僕はミス・テイク~」です。ミディアムテンポの曲で癖になるリズムと「名を叫べ〜 名を叫べ〜」って歌っちゃいます。洞窟内で撮影されたMVもカッコいいです。

BUCK-TICKの魅力を伝えられたかわかりませんが、メジャーデビュー31周年を迎えたベテランバンド。今年もホールツアーにライブハウスツアー、年末の武道館ライブと精力的に活動しているバンドです。

SpotifyにもBUCK-TICKは登録されているので、もしよかったら聴いていただけると嬉しいです。ただ全てのはアルバムが配信されているわけでなく、最新のアルバムが2枚と、1996年以前のアルバムになっていますが。こういう時にレコード会社の壁ですね。

最新のアルバム2枚「No.0」「アトム 未来派No.9」はもちろん聴いて欲しいのですが、旧作だとセルフカバーベスト「殺シノ調べ」と発売25周年リマスターアルバム「惡の華」はお薦めです。

最近のシングル曲3曲「Moon さよならを教えて」「BABEL」「New World」はとてつもなく完成度が高いです。個人的には特に「New World」がお気に入りです。

今井さんのセンス爆裂な変な曲ですと アトム 未来派 No.9に収録の「cum uh sol nu -フラスコの別種-」です。こんな曲を1曲目に持ってくるとはさすがです。

そんなこんなでBUCK-TICKをよろしくお願いします。

この「ブロガー連動企画 私の初めての音楽 #fmusic」の企画者は?

冒頭にも書くましたがこのブログ企画の発案者は邸内さんです。彼女の「初めての音楽」は【チェッカーズが教えてくれたこと】ブロガー連動企画 私の初めての音楽 #fmusicです。

チェッカーズ!自分の中学生時代にクラス内で流行っていましたので、おそらくほぼ同世代。チェッカーズの思い出といえばなんだろな。個人的には1st〜6thまでのシングルは当時のクラスメイトに借りて結構聴いてた思い出が。あとは11th〜13thシングルも結構聴きました。どちらかというと外部製作陣時代の方の印象が強いです。最近になってベストアルバムでも買おうかなと思っていたところです。

自分はBUCK-TICKにハマった中学生時代以降、未だにVisual系が好きです。主に聴いているのはVisual系、ジャパメタ、80s90sのJ-Rock、J-Popがメインどころなのですが、比較的なんでもござれです。今はSpotifyなどでいろいろな音楽が幅広く聴けるので、聴く音楽を限定するのももったいないので常に窓口は広く持とうと思っています。

比較的、最近のお薦めのVisual系よりの曲を3曲

この時点でかなり長い記事になっちゃってますが、せっかくですので個人的にお薦めの3曲を紹介させていただきます。

D’ERLANGER / CRAZY4YOU。2015年の発表曲。ポップなメロディで何度も口ずさんでしまう名曲だと思います。彼らは1990年にデビューしましたが1年経たずして解散。2007年に再結成して再始動11年目です。Visual系創成期のバンドで、いま活動しているバンドマン達にも影響を与えていたりします。LUNA SEAやDIR EN GREY、cali≠gariなどなど。

ZIGZO / FOREVER YOUNG。2014年発表曲。正確にはVisual系ではないのですが、メンバーがex MALICE MIZER、ex BY-SEXUAL、ex L’Arc-en-Cielとそれ系なので紹介。最近、自分の中でぐんぐんと存在レベルが爆裂アップ中。とにかくライブが楽しくてしょうがないです。彼らも1度2002年に活動休止しているのですが2012年から再始動で、気が向く時に活動してくれています。

最後はこの曲。Aldious/ die for you。2016年の楽曲。この曲もVisual系というよりはジャパメタガーズルバンドの曲。比較的最近になってSpotifyで聴いて好きになりました。すごいポップで覚えやすいメロディで口ずさんでしまいます。こういうのを名曲と言うんでしょうね。しかし残念ながら2018年12月。つまり今月ボーカルのRe:NOが耳の病気のために脱退することが発表になっています。

以上、3曲をお薦めさせていただきます。皆さまの音楽ライフがさらに充実したものになりますように。

(追記) 我がブログは未だに標準テンプレートのままになっております。お薦めのテンプレートがありましたらこちらのツイートへ返信していただけると嬉しいです。有料・無料を問わずに募集しております。

#techbaton x #techpit のコラボ勉強会に参加しました

昨日(11/25)に永田町GRiDにて行われた techbaton x techpitのコラボ勉強会に参加してきました。

techbatonとは今年の夏に設立されたエンジニアのためのコミュニティです。

エンジニア専門コミュニティ 繋がる・話せる・高め合う。
「 気軽に学習相談できる仲間が欲しい 」
「 情報交換できる仲間が欲しい 」
「 一緒にもくもく会とかしたいなあ 」

そんな想いを持った人が集まるコミュニティ (techbaton HPより)

techpitも最近サービススタートしたプログラミング教材の販売サイト。Webアプリなどより具体的なサービス教材を提供してます。

サービスを作りながらプログラミングを学べる
プログラミング学習教材のマーケットプレイス (techpit marketより)

現在はRubyとRuby on Railsの教材が6本販売されていて、近日公開予定が3本になっている。

そんなtechbaton と techpit のコラボ勉強会が開催されました。勉強会はtechpitで販売されているInstagram風簡易SNSサイトを作ってみよう!【Rails】を使用したものです。一応教材レベルはサイトによると【初級者向け/12時間】です。

今回の勉強会は11/12にtechpitさんがtechbatonの公式スポンサーにの発表の中で一緒に告知されました。当初は参加できる予定ではなかったのですが、前日に急遽参加できることになり申し込みました。

オフ会や勉強会などのリアル系のものは、自分のとってはけっこう敷居の高いものなんだけど、思い切っって一歩踏み出して申し込んでよかったです。やはりプログラミングという共通のテーマがあるから話のネタには困らない。techbatonも出来て半年も経っていないから比較的近いレベルの人が多く、お互いに進歩情報の交換などできて励みになるなど相乗効果ありな感じです。

今回の勉強会は3連休の最終日ということで参加者は6人と少なめでした。講師の方は3名だったので2人に対して1人の講師がつくという贅沢な環境でした。

肝心のInstagram風簡易SNSサイト教材はというと、比較対象は使ったことのあるProgateやRailsチュートリアルになってしまいますけど、教材のレベル的には Progate < Instagram風簡易SNSサイト講座 < Railsチュートリアル です。

説明文とかは分かりやすいと思うのですが、外部サイトに飛んでそちらを参考にしてくださいというのが少し多い気がします。もう少し内部にコンテンツを持って欲しいかな。あとオンライン教材だからコードは比較的コピペで済ませるのが多いんですけど、そのコピペ元のコードは # が全角になっていたり、全角スペースが混ざっていたりでそのままコピーしちゃうとエラーになってハマってしまうことも。

あとは教材名が「Instagram風簡易SNSサイト」とあるようにホントに簡易なんだけど簡易すぎるかな。今のままだと他ユーザのフォロー機能もないからただのユーザー登録のある画像掲示板になっちゃている気がする。SNSサイトとあるにはフォロー機能やTL機能までは実装に持っていって欲しい。あとインスタ風とあるのにタイル写真一覧もないのは寂しいな。この辺は自分で実装しろということなのか。でもこれらの機能もなしでこのタイトルをつけた教材だと2980円だとちと高い気がする。

あと教材を最後まで進めて、多分コードのミスもないとは思うのですが

右上のアコーディオンをクリックした際の、投稿ボタン、ユーザーボタンのズレ。そして写真の上のゴミ箱ボタンのズレ。これはかなり気になるんだけど自分だけかな?ひょっとしてCSSとか打ち間違えてるんだろうか,,,

今回の勉強会に参加した最大の利点は、教材の製作者の方が講師として参加していたので詰まったところを直接質問できることでした。自分も途中でエラーでどうにもできなくなってしまったところを、講師の方に直してもらいました。原因は変にmigrate周りを触っての環境不整合で、あれは多分自分ではどうしようもなかったです。

講座を終えてherokuにデプロイしてテスト投稿などをして、動作確認をして問題なく動いているのを見るとやっぱ感動しますね。1周目はさっと目を通していく感じで進めたので、2周目はキチンと理解しながら進めて、自分なりにカスタムしてみたいですね。railsチュートリアルと並行して進めねば。

techpitさんは教材購入者向けに定期的に勉強会を開催していてスケジュールはこちらから確認できます。

今回の勉強会講師のyamadaさん、daijiroさん、Koppeさん、ありがとうございました。そして参加者のゆうさん、まぶりさん、もなかさん、takaiwaさん、あと1名ご挨拶できなかった方、お疲れさまでした。また勉強会などでお会いした際にはよろしくお願いします。

蛇足ですが今回参加者6人すべてMacユーザーでした。自分はMacbook Pro(2012)でしたが、お隣で作業していたゆうさんのMacbook Pro(2017)を見て5年でこんなに薄くなるんか!と羨ましくなりました。早く買い換えねば,,,,

心残りが会場やもくもくして会場を写メするのを忘れていたことです。会場の永田町GRiDは行くのにちと迷いましたが、きれいな会場で良かったです。今回は地下1Fでしたが普段は4Fで勉強会やっているそうです。また次に勉強会のタイミングが合えば参加したいです。

ジョブシフトさんのTwitter企画で当選してAmazonギフト券を戴きました!

先日Twitterのタイムラインで最近割りかし流行っているプレゼント企画を見つけました。ツイート主はジョブシフトさん

ジョブシフトとは??月曜日をワクワクに!がテーマのWEBマガジンです!

働くを応援する・働くを考えて仕事をシフトする・暮らしをシフトする!をテーマに作られたWEBマガジンサイトです。

漫画で分かりやすく理解するをモットーにコンテンツ発信中です。

働くことに関する情報を発信していて就職・転職支援系の会社です。最近Twitterでインフルエンサーとコラボし始めているので、じわじわと目にする機会が増えてるかな?自分がジョブシフトさんを知ったのはGameSAMURAIさん経由で知りました。

ついでにGameSAMURAIさんとは最近Twitterに登場した甲冑をまとったゲーム・サブカル好きなお方です(笑) 詳しいプロフィールはブログを見てください。波乱万丈で面白いです。現在は日本在住で返り咲くべく奮起中です。ぜひTwitterをフォローして奮起して再びアメリカ渡米する様を見届けましょう!私とは日本のジャパメタバンドのGARGOYLEというバンドが大好きな共通点があります。

さて、脱線しましたがプレゼント企画はクレーム体験談を応募するというもの

ふむふむ。これはサービス業を仕事としている人には割りかし応募しやすいので応募してみることに。しかも少し前のツイートにまだまだ参加者が少ないので狙い目ですとあったので、これは応募してみるしかないでしょう。当選枠は5つ。結果的にリツイートが53件だったので、当選確率は1/10と高確率でした。

応募したツイートはこちら。

スーパーで働いている人にとっては非常にあるあるネタです。商品の惣菜自体には何も問題はないのに、半分くらい食べた後にクレームをつけてくる人。遭遇した人も多いんではないでしょうか。他にも多々あるんですけど、今回はこのネタで応募してみました。

そして、すっかり忘れていたんですがTwitterにDMがきました。

イメージ画像が怖いです(笑) 何と先日の投稿が金賞で3000円分のAmazonギフト券をプレゼントとあります!この手のものには当選したことないのでビックリです。

早速DMで戴いたギフトコードで貰っちゃいました。

Amazonアカウントに無事に3000円チャージされました。CDにするか書籍にするか悩んでます。ジョブシフトさん、ありがとうございました!

「現場で使える Ruby on Rails 5 速習実践ガイド」を買いました

先日(10/8)に行われた技術書展の話題をTwitterで追っていた時に、気になっていた数冊のうちの一冊(現場で使える Ruby on Rails5 速習実践ガイド)がマイナビ出版から発売になったので購入しました。

「ステップバイステップで学ぶ
Railsアプリの基本から
開発プロジェクトで求められる
実践的なノウハウまでこの一冊で!」

収録内容
入門編
Chapter. 1 RailsのためのRuby入門
Chapter. 2 Railsアプリケーションをのぞいてみよう
Chapter. 3 タスク管理アプリケーションを作ろう
レベルアップ編
Chapter. 4 現実の複雑さに対応する
Chapter. 5 テストをはじめよう
Chapter. 6 Railsの全体像を理解する
Chapter. 7 機能を追加してみよう
発展編
Chapter. 8 RailsとJavaScript
Chapter. 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する
Chapter. 10 Railsアプリケーションと長く付き合うために

3章でtaskleafというタスク管理アプリケーションを作って、それに機能を追加していくといった感じで進められていきます。

とここまで書いて気が付いたのですが、この本の監修が株式会社万葉さんなのですね。

少し前にRails Tutorialを終えた後にやってみようかなと、ネットで見つけた課題がありました。それが万葉さんの会社で行われている社内研修葉のカリキュラムでした。

el-training
万葉で必須とされるRuby on Railsとその周辺技術の基礎を習得するための新入社員教育用カリキュラムです。

ここで取り上げられている課題がタスク管理アプリケーションでした。実際にシステム要件が定義されていて、それを実現すべく実装していくと。システム要件だけ書かれていて解答としてのコードはアップされていないので、RoR5 実践ガイドでのtaskleaf製作工程がこのel-traningの解答編と考えるのがいいようですね。

もともとRailsチュートリアルを終えたあとに、この書籍を読み進めていこうと思っていたので、チュートリアルを終える→el traningをやってみる→速習実践ガイドを読みながら解答合わせといった形で進めた方が良いのかな。

まだほんの少ししか読んでませんのでレビューとかはできないのですが、文字が小さいです!読むと目がチカチカして一気に読み進められません(笑) 読み終えたらレビューを書きたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド [ 大場寧子 ]
価格:3758円(税込、送料無料) (2018/11/14時点)

世間の話題から遅れてZOZOSUITを注文した話

世間様の話題からワンテンポもツーテンポも遅れてようやくZOZOSUITを注文しました。ブログを書いているのは11月ですが、注文して届いたのは8月下旬です。ブログに書くの遅すぎですね。

ZOZOSUITがいつから配布開始されたのかプレスリリースを探していたら2017年11月22日でした。

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」  を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、ZOZOTOWNや間もなくスタート予定のプライベートブランド 「ZOZO」 で活用する採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布(※)の予約受付を、本日11月22日(水)より開始いたします。「ZOZOSUIT」 は、ご予約いただいた皆様に2017年11月末頃より順次配布してまいります。スタートトゥデイ、採寸用ボディースーツ 「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」 を無料配布 本日より予約受付開始

この最初にリリースされたものは、伸縮センサー式のものでBluetoothでスマホと通信してデータのやり取りだったらしい。現在の改良されてコストダウンされたマーク式でスマホアプリでカメラでの撮影して距離からサイズを割り出す形式に変更になってます。

注文したのはリリースから約9カ月くらい経っての8月下旬だったで、当初は1ヶ月以上待ちだったものも随分と落ち着いて1週間くらいで届きました。

結構しゃれた?パッケージングだったのでびっくりしました(笑) 中にはZOZOSUITの上下と紙製のスマホスタンドが入ってます。紙製スタンドにスマホを立ててZOZOアプリの音声に従ってカメラにて撮影します。

ZOZOSUIT着用写メはこちらです。この写メを家族にLINEで送ったら、もじもじくん!と言われました。懐かしすぎます。ZOZOZUITは注文する時にある程度のサイズを指定するのですが、

このもじもじくんSUITを着て、紙製スタンドに立てたスマホの音声に従って撮影していきます。アプリからの指示は、もう少し後ろに下がってとか、前にきてという撮影距離の指示。次に時計周りに0時から11時まで少しずつ体を右回りに動かしていき12枚の写真を撮ったらサイズ計測の終了です。

ただこの撮影がかなりシビアで、カメラの高さ。置いた机の上の端からの距離。部屋の照明が影響して、やり方が悪いと12枚撮影しても計測に失敗しましたと言われ何回もやり直すことになります。自分は1時間くらいやり直してようやく計測成功でした。

計測データはかなり細かいところまでサイズが出ます。

これがどこまで正確に測れているかは不明。マーカー撮影形式なのでZOZOSUITの着こなしや照明などの条件によって、多少の上下の誤差はあると思います。実際に届いた直後に計測してみたものと先日計測したものではサイズが結構違ってました。

この計測データによってZOZOブランドの服が注文できるのですが、まだ始まったばかりでラインナップ的にかなり弱い。パンツ系はデニムしかないですし。そして何より計測データによってオススメされるZOZOデニムがきちんと合うかが心配です。

ちょうどそんな時にZOZOデニムの30日間お試しキャンペーンというのが始まりました。

気に入らなければ返品できるらしい。

購入してサイズ合わなかったら返品して丈調整で再注文できるかなぁとツイートしたらZOZOのサポートさんから、レスにて可能だと教えてもらったのでZOZOデニム注文しました。

注文したのが先週のことだったので、ZOZOSUITが届いてから2ヶ月くらい経ってようやくの注文ですよ。行動が遅すぎますね。反省です。ZOZOデニムが到着しての話はまた別の記事にて。

ネットで最近よく名前を見るpolcaを試してみました

polcaとは一体なんなのか?

polcaという名前をここ数ヶ月くらいの間にTwitterのタイムラインでちょくちょく見かけるようになりました。公式にサイトの説明によるとpolcaとは

身近な友だち同士ではじめる、 フレンドファンディングアプリ。 やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。 ※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。(polca公式サイトより)

ちょいと分かりにくいが、お金が欲しい人が企画を立てて、応援してくれる人にお金を支援してもらうアプリです。クラウドファンディングのようだけど、それよりももう少しライトなもの。コンテンツ提供者とファンの関係で、ファンが提供者に投げ銭をして支援する感じをイメージすればいいのかな。当ブログでは以降polcaでの支援のことを投げ銭と表記しています。

いつからサービス開始になったのだろうと調べて見たら、CAMPFIREが、フレンドファンディング アプリ「polca(ポルカ)」提供開始 〜コミュニケーションが生まれる、新しいお金集めのカタチ 〜(PR TIMES2017年8月10日 12時00分)という記事がありました。1年以上前からサービス開始されていたようです。自分の周りで見かけたのは、この1-2ヶ月のことなので急速にサービスを伸ばしてるのかな?

Polcaの企画と支援の流れ

流れとしては次のような感じになっています。

  1. やりたいこと、欲しいものなどを企画として立てる
  2. 目標金額、最低支援金額、募集期間、支援に対するお返しを設定する
  3. Twitter、Facebook、LINE、ブログなどに企画をシェアする
  4. 企画に投げ銭をする
  5. 支援者にお礼のリターンをする

企画には制限はないみたいで、○○に旅行したいので旅行資金を、パソコンが古くなったのでMacbook Proを、誕生日なのでプレゼントとして○○が欲しい、海外に住んでいる友人に日本の保存食を送りたい、結婚記念日なのでお祝いをしたい、などなどいろいろなものがあるようです。

polcaの企画はTwitterやFacebook、LINE、ブログなどへのシェアになっています。公式サイトの説明にあるように「友達同士で集めること」が基本なので、企画の一覧表示は今のところありません。企画のURLを知っている人だけ投げ銭できます。ただアプリ内で10数件が注目企画としてピクアップしてメニューから見られますが、入れ替わりがあまりない感じなのでどのようなシステムでピックアップされているかは不明です。

ヘルプページにてピックアップ選定の基準が書かれていました。

  • SNSで#polca をつけて積極的に発信されている
  • 企画に設定されている画像が綺麗、オリジナルなもの
  • アイコン画像がきちんと設定されている、オリジナルな写真
  • お返しがきちんと設定されている
  • 共感を得やすいタイトルが設定されているもの

polcaアプリのバージョンアップで利用可能クレジットカードの種類が増えました

興味はあったものの支援用に登録できるクレジットカードにJCBが使用不可だったのでpolcaを使っての支援ができませんでした。それが10月中旬のver.1.17.0でのアップデートでJCB/Amex/Diners/Discoverのクレジットカードが利用できるようになったので早速登録しました。

polca-verup

クレジットカードは3種類持っているのですが、チャージ型のLINE Payカード(JCB)を登録しました。これでpolcaを使っての投げ銭ができるようになりました。

polcaに改善してもらいたいこと

polcaのアプリを一通り見てみて改善してもらいたいものが何点かあります。まずはクレジットカードについて。カードの登録をしたはいいが、カードの変更や削除が出来ない。私は利用するときだけカードを登録して利用予定が当面ない場合はカード情報を削除しているんですが、polcaだとそもそも設定にカードの項目すらないから1回登録するとあとはもう何もできない。流石にこれは問題なのでわ?

次はアプリからの通知のオンオフの設定がない。大概のアプリを通知オフで利用しているんですが、polcaは設定がないのでオフにできません。Androidの設定から強制的に通知をオフにして利用しています。

次にアプリを立ち上げるとたまにポップアップウィンドウでインフォが開かれます。

polca-info

この画面になっちゃうとバックボタンで戻れないし、詳細をチェックを押して外部ブラウザでpolcaのinfoページを見るしかありません。これが本当にうざい。強制です。

この3点はぜひとも改善してもらいたいものです。

polcaについてその他もろもろ

企画の期間は最大1ヶ月。企画の目標金額は最大30万円。初回の投げ銭金額は300円〜。追加で投げ銭する場合は50円〜。ただし任意の金額での投げ銭はできません。システムにて設定された金額での投げ銭になります。目標額に達しなくても投げ銭して集まったお金は全て企画者に入ります。お礼のリターンはあくまでお礼になりますので、あまり期待にないようにしましょう。投げ銭での応援と思っておいたほうが気が楽です。

以上です。

一応polcaで投げ銭は体験済みです。投げ銭しようとピックアップを見たり、Twitterで#polca タグを検索してみたりもしましたが、なかなか投げ銭したいと思う人はいませんね。安易な企画や説明文が多くて、これはちょっとなぁというのが大半な気がします。

2018年も12月のAdvent Calendarが迫ってきました。

2018年もいよいよ11月12月の2ヶ月を残すのみ。年の瀬の12月といえばプログラマーの方にはお馴染み?の技術記事などを投稿しあうAdvent Calendarの月です。Advent Calendarとはもともと

アドベントカレンダー (Advent calendar) は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。待降節の期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる (Wikipediaより)

という感じのイベントなのですが、ネットではプログラマー系の企画として数年前から賑わってました。12/1〜25の25日間に登録したジャンルのAdvent Calendarに毎日代わる代わるブログなどで記事を投稿していきます。Perl、Ruby、PHP、Javaなどの言語だけではなくRuby on Rails、CakePHPなどのフレームワーク、MySQL、PostgreSQLなどのデータベース、その他にはモバイル関連、ハードウェア関連、Webサービス関連、変わったところだと会社でAdvent Calendarに参加しているところまであります。

Web関連にはプログラマーやデザイナー、マーケッティングなど様々な業種がありますが、2018年に得た知見や気付きなどをぜひAdvent Calendarに投稿してみませんか?アウトプットすることによって自分自身でまた得るものがあるかもしれませんよ?ぜひ知識の棚卸をして見直しましょう。自分も過去に1回 TitaniumMobileのAdvent Calendarに参加したことがあります。レスポンスも返ってきてフィードバックも得られて良かったですよ。

主なAdvent CalenndarはQiitaに投稿されています
Qiita Advent Calendar 2017

Quitaに投稿されているAdvent Calendarから主だったものを抜き出してみました。